産毛の脱毛に適した方法と注意点が知りたい!

産毛があることで化粧ののりが良くない、トーンが暗く肌の透明感が感じられないなど、さまざまな弊害があります。日本人の肌はキメが細かく滑らかなのに、産毛は茶色や黒いので例え薄くても目立つ存在なのです。あなたが産毛の脱毛をするとき、どうしていますか。手軽に毛抜きで抜く?それともカミソリで剃ってしまいますか。脱毛するとき毛抜きで抜いたり、カミソリを使うと毛が濃くなっているように見えます。これは剃った毛根は太く見えることが原因です。

注意点としては、カミソリを使うと肌に直接刃が触れて炎症を起こしたり、荒れや赤味が現われてしまいます。もしもカミソリを使いたいならば、フェイス・シェイバーや電気シェイバーを利用することが良いでしょう。また簡単に脱毛できるクリームは、デリケートな部位には使わないようにしてください。目や口に間違って入ってしまった場合は、病院に行って処置してもらう必要があります。自分で脱毛したときの注意点は、必ず皮膚の保湿ケアを忘れないようにしましょう。

この保湿に抑毛ローションを利用することで脱毛の回数を減らせて、皮膚のダメージも少なくて済みます。ワックス脱毛も簡単ですが、塗って剥がす行為は負担が大きく、肌が弱い人には向きません。もし美肌効果を望むのならば、サロンやクリニックでの脱毛をおすすめします。なぜなら、毛根のメラニンに反応する波長の長い光を当てて、このエネルギーによって毛を薄く、映え難くしてくれるほか、毛穴の引き締めやくすみ・赤味の改善にも効果があるからです。またサロンやクリニックならば保湿効果の高いケアを行ってくれますし、クレンジングやパックがセットになっている場合もあります。

About veronica