月別: 2017年3月

脱毛石鹸をどこで買ったのかの体験談

脱毛石鹸に興味があったのですが、店頭で購入をするのは恥ずかしい感じがあったので通販で購入することにしました。
あまり気にするほどのものではないのかもしれませんが、やはり人目が気になる部分がある商品ですからそれだったら通販で買ったほうが買いやすいと考えたのです。
そこで早速脱毛石鹸を販売している店を探すことにしたわけですが、どこで買うのが良いのかわからなかったので脱毛石鹸を買った人の体験談をもとにして探してみることにしました。

すると、評判の良いショップがいくつか見つかったので比較をしてみたところ、たしかに良さそうな感じがあったのでこの中から消えれば失敗もなさそうだと感じました。
どこも甲乙つけがたいという感じではあったのですが、丁度自分が欲しかった他の商品も合わせて売っている店があり、それを一緒に買えば送料が無料になるようだったのでその店を選んでみることにしたのです。

注文をしてからすぐに連絡がありその日のうちに発送をしてもらうことができたので、対応の早さは満足することができました。
直ぐに発送をしてもらうことができたので、中一日して商品が届きました。
中身も間違いなく、注文した通りのものが届いたので良かったです。
送料無料であることも含めて、他の場所で購入をするよりもずっと安価で購入をすることができたため評判の良いショップを選んで正解でした。
あとは購入した脱毛石鹸がどれだけ効果があるかということだけがポイントで、効果に関しても十分なものがあればいいなと考えています。
もしも、十分な効果があり継続して使っていくのが良さそうだと判断をしたときには、今回買ったショップをリピートしたいと思っています。

脱毛石鹸を洗顔に使った体験談

自分の顔のうぶ毛が多いため、毎日のようにカミソリで処理するのが面倒になっていたところ、脱毛石鹸というものを知りました。これはその時の体験談ですが、とにかく毎日うぶ毛を剃っていると、顔の表面がヒリヒリしますし、肌にも良くないですから、脱毛石鹸を洗顔に使ってみたらうぶ毛が処理できるのではないかと考え、早速使ってみたわけです。

まず驚いた点は、脱毛石鹸といっても結構泡立ちがあるということで、これなら洗顔用に使用しても何の問題もないということがわかりました。よく泡立てれば、肌を傷付ける心配もないからです。使い心地の点では特に問題ありませんでした。肝心の脱毛の面ですが、やはり脱毛石鹸というだけあって、洗顔後に顔を鏡で見てみたら、うぶ毛がなくなっていました。

気になっていた頬のうぶ毛や、額の部分もきれいになっていましたので、脱毛石鹸を使用すればこれまでのようなうぶ毛処理を行わなくて済みますから非常に楽です。脱毛石鹸だから脱毛にだけ効果があるのかと言えばそうではなく、きちんと皮脂や汚れも取り去ってくれていますので、毎日の洗顔料としても使えるのが良いですし、割とさっぱりしていますから、脂性肌の方にも向いています。

かといって、乾燥するわけではないので、自分はどちらかというと乾燥肌なのですが、洗顔後、特に乾燥することもなかったです。ただ、毎日使用するよりも、うぶ毛が気になった時に使用する方が自分には合っていると感じました。自分の場合、一番良かったことは、うぶ毛をカミソリで処理する必要がなくなったことで、これによって身だしなみを整える時間の節約にもなったことが大きいです。今後も脱毛石鹸はムダ毛処理用として使うつもりです。

脱毛サロンによる産毛処理は美肌作りにも役に立つ!

脱毛サロンというと、イメージとしてムダ毛があると目立つ腕や脚や、綺麗にしておくのがたしなみというイメージの脇、VIOといった部位をメインに行う印象がある人が多いと思います。
でも、実は印象アップに役に立つことある脱毛をご存知でしょうか。

それは「産毛」なのですが、細く、薄く、腕や脚の毛に比べると生えていても一見すると目につかないので、何も手入れをしない人も多いところです。でも、お手入れをするだけで簡単にワンランク上の美肌が手に入ってしまうのです。
というのは、女性ならば気になるお化粧のノリが変わります。
ファンデーションが肌に吸い付くように定着している人と、なんとなく浮いている人ではパッと見の美肌の印象が全く違います。若くて肌荒れをしていない人でもファンデーションが浮いているとお肌がイマイチと思われてしまいます。
そして、その原因は実は細かい毛にあり、それがなくなるだけでファンデーションが浮くことなく、ぴったりと肌に吸着した陶器のような美肌作りも夢ではなくなります。

ただし、少し前まではクリニックやサロンで行われる脱毛は産毛には向いていないと言われていた時期もあります。
レーザーや光脱毛はメラニンに反応するので、色が薄く細い毛には反応しづらいのであまり成果が出ていなかったのです。
でも、今はレーザーや光脱毛の機器は進化していて、色が薄くて細い毛にもしっかりと反応するようなものも増えています。
また、機器の進歩によって脱毛スピードも進化していて、昔に比べると2倍、3倍のスピードで施術できるようになっているため、全身の施術を行うクリニックやサロンが増えおり、実は盲点の背中や肩といったラインの産毛も除去にも役に立つ全身ピカピカ状態を作りあげることができるのです。

産毛の脱毛に適した方法と注意点が知りたい!

産毛があることで化粧ののりが良くない、トーンが暗く肌の透明感が感じられないなど、さまざまな弊害があります。日本人の肌はキメが細かく滑らかなのに、産毛は茶色や黒いので例え薄くても目立つ存在なのです。あなたが産毛の脱毛をするとき、どうしていますか。手軽に毛抜きで抜く?それともカミソリで剃ってしまいますか。脱毛するとき毛抜きで抜いたり、カミソリを使うと毛が濃くなっているように見えます。これは剃った毛根は太く見えることが原因です。

注意点としては、カミソリを使うと肌に直接刃が触れて炎症を起こしたり、荒れや赤味が現われてしまいます。もしもカミソリを使いたいならば、フェイス・シェイバーや電気シェイバーを利用することが良いでしょう。また簡単に脱毛できるクリームは、デリケートな部位には使わないようにしてください。目や口に間違って入ってしまった場合は、病院に行って処置してもらう必要があります。自分で脱毛したときの注意点は、必ず皮膚の保湿ケアを忘れないようにしましょう。

この保湿に抑毛ローションを利用することで脱毛の回数を減らせて、皮膚のダメージも少なくて済みます。ワックス脱毛も簡単ですが、塗って剥がす行為は負担が大きく、肌が弱い人には向きません。もし美肌効果を望むのならば、サロンやクリニックでの脱毛をおすすめします。なぜなら、毛根のメラニンに反応する波長の長い光を当てて、このエネルギーによって毛を薄く、映え難くしてくれるほか、毛穴の引き締めやくすみ・赤味の改善にも効果があるからです。またサロンやクリニックならば保湿効果の高いケアを行ってくれますし、クレンジングやパックがセットになっている場合もあります。